胃がん

胃がんの死亡者数は、男性で2位、女性で4位と非常に多い癌腫のひとつです(2018年統計)。

高齢・男性・ヘリコバクターピロリ菌感染・喫煙・高塩分食品の摂取・胃がんの家族歴があるほど胃がんのリスクが高いといわれています。

あなたの胃がんリスクはどれくらいですか?下のバナーでチェックしてみてください。

胃がんは、早期に発見することで、内視鏡的に治療できる時代になってきました。しかし、ある程度進行してしまうと外科的な治療(手術)が必要です。さらに進行すると手術をしても再発リスクが高くなってしまったり、手術が行えない場合もあり、予後が劇的に悪くなってしまいます。

ある程度の年齢になられた場合、定期的な胃カメラを受けていただくのが、最も有効な健診方法です。胃がんリスクの高い方は、少しで早い時期に一度は胃カメラを受けていただくことをお勧めします。

ヘリコバクター・ピロリ菌感染に関係しない胃がんの発生もあり得ますので、40歳になられましたら、一度は胃カメラを受けていただくのがよいでしょう。